安全な通信を行うために

皆さんが利用しているインターネットは、通信している情報やその内容を他の悪意のある人に盗み見られる可能性があります。

このオンライン調査システムでは、

 ・調査対象者のログイン情報

 ・統計調査の回答情報

などの重要な情報をインターネット上で送受信することとなりますので、盗み見等を防ぎ、安全な通信を行うために、通信経路上の情報のやりとりをSSLにより暗号化しています。

SSLイメージ

SSLを利用したインターネット上のページは、アドレスが「http://」からではなく、「https://」から始まるアドレスで表されます。
 ブラウザ毎に表示イメージが異なりますが、アドレスバーの右端にSSL暗号化通信を表す鍵マークとともにアドレスバーが緑色で表示されます。
 この緑色のアドレスバーは、EV SSL(Extended Validation SSL)証明書が導入されている信頼性の高いウェブサイトであることを意味しています。

SSLイメージ

SSLによる暗号化通信は、以下のように実現しています。

 a. オンライン調査システムのサーバには、日本ジオトラスト株式会社が発行した「サーバ証明書」が登録してあります。

 b. 利用者がオンライン調査システムにアクセスすると、a.の「サーバ証明書」がブラウザに送信されます。

 c.ブラウザは、「サーバ証明書」について以下の内容を確認します。

  ・信頼された認証局から発行されていること

  ・有効期限が切れていないこと

  ・サーバ証明書の発行先のアドレスとアクセスしているアドレス(サーバ名)と一致していること

 d.「サーバ証明書」に問題がなければ暗号化通信を開始します。

SSLプロトコルには複数のバージョンが存在します。
 オンライン調査システムでは、SSLプロトコルの最新バージョンである「TLS」に対応しています。
 そのため、必要に応じて、設定の変更をお願いします。
 バージョンの選択方法は、以下のとおりです。

※ 最新バージョンのFirefox及びGoogle Chromeでは、デフォルトでTLS通信(SSL通信の上位互換)が選択されています。


▼Internet Explorer での設定方法

 a. Internet Explorer の[ツール]→[インターネット オプション]をクリックします。

 b. [インターネット オプション]→[詳細設定]タブをクリックします。

 c. 設定項目中にある通信方式の選択項目から、適切なバージョンを選択しチェックをします。

 d. [OK]をクリックし、Internet Explorer を再起動します。

方式選択イメージ

このページのトップへ